面接の対策について

審査が甘い消費者金融

Warning: file_get_contents() [function.file-get-contents]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Temporary failure in name resolution in /home/users/2/moo.jp-mon/web/koou.info/yyt/mensetu/taisaku.html on line 15

Warning: file_get_contents(http://kirai.biz/kou/koukoku3/koukoku0.1.shtml) [function.file-get-contents]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Temporary failure in name resolution in /home/users/2/moo.jp-mon/web/koou.info/yyt/mensetu/taisaku.html on line 15


求人総合情報TOP
アルバイト仕事探し
求人派遣総合情報


面接の対策には、色々なことが考えられます。

会社によっては、自己紹介や簡単な質問で済むこともあります。

面接を受ける前に、企業方針や会社の製品について知っておかなければいけない場合もあるようです。

圧迫面接という面接方式がありますが、この面接の場合はある程度の準備をしておくべきです。

応募者に対して気詰まりになるような、聞きにくいことを聞くスタイルなどが圧迫面接として一般的です。

答えにくい質問を重ねて聞くことによってプレッシャーを与え、相手の反応を見るという手法を取るのです。

一見とても意地悪なようにも見えますが、社会人となる上である程度のストレスやプレッシャーは当然のようにあります。

中には、ストレスに耐えきれず早期に退職する人もいます。

企業側としては、いかに精神面でもタフであるかを確認するために行うものです。

圧迫面接は、応募者1人に多数の担当者で行うパターンが多いといいます。

人によっては、圧迫面接でプレッシャーを受け続けると、対策を立てていなかったため落涙した例もあるようです。

ぶしつけな質問にどう答えるか、精神的な強さは持っているかなどが圧迫面接では試されることがありますので、ネットなどで対策を立てたいものです。

あらかじめ面接の状況をイメージし、質問に対する答え用意しておくことが面接対策になります。

ハローワークや人材派遣会社で面接の対策セミナーなどが開催されていることがあります。

模擬面接を受けたり、客観的な視点での助言をもらうことも大事です。
戻る

2009
アルバイト仕事探し
求人派遣総合情報
All Right Reserved